2020年最新!稼げるチャットレディランキング

朝キャバ・昼キャバは稼げるの?夜キャバとの違いやメリット・デメリット

朝キャバ・昼キャバは稼げるの?キャバクラとの違いやメリット・デメリット

キャバクラ嬢の仕事は、夜働くイメージですが…。

ここ数年で、朝や昼の時間でもやっているキャバクラが誕生しました!

 

その業態のことを、「朝キャバ」「昼キャバ」といいます。

 

時給が高いバイトをしたいけど…、夜働くのは無理

旦那さんがいない昼の時間だけ、効率よく働きたい!

 

シングルマザーさんや、主婦さんに人気の朝キャバ・昼キャバのお給料やメリット・デメリットについて紹介します。

ここ数年で、朝キャバと昼キャバをやっているお店が多いので、どんなことをするのか紹介します。

まいこ

朝キャバ・昼キャバとは?夜キャバとの違いは?

キャバクラは、夜の9時くらいから働くイメージですね!

キャバクラでバイトの仕事内容は?キャバ嬢のメリット・デメリットキャバクラでバイトの仕事内容は?キャバ嬢のメリット・デメリット

仕事内容は、夜キャバとはほとんど変わらない朝キャバ・昼キャバは、

  • 風営法が厳しくなって深夜営業できなくなった
  • 空き時間も営業して売上を伸ばしたい

などの、お店の事情から日中も店舗を営業しているキャバクラ店のことをいいます。

以前は、都心部くらいでしか求人を見かけませんでしたが、最近は地方都市でも朝昼キャバを営業しているお店が増えてきてきます。

 

営業時間は、お店によってまちまち。

朝キャバは朝5時〜昼前11時くらいまで、昼キャバは12時〜夜8時くらいまでの時間帯営業しているお店が多いです!

営業している時間帯で、「朝キャバ」「昼キャバ」「夜キャバ」と読んだりします。

 

どの時間帯で働いても、基本的にはサービス内容が変わらないです。

時給は夜キャバより低い「朝キャバ」「昼キャバ」

キャバクラのバイトは、「時給+歩合」

歩合の部分は、指名や同伴などで加算されます。

 

朝キャバ・昼キャバも、水商売であることに変わりないので太客をつかめば歩合はたくさん稼げます。

夜キャバとの大きな違いは時給です!

朝昼キャバの時給は2000円〜設定されていることが多く、ほとんどのお店で夜に比べると500円〜1000円くらい時給は低く設定されています。

 

夜キャバに比べて高齢者が来店する

夜キャバは、サラリーマンとか会社役員など昼働いている人が主なお客さんです。

朝キャバ・昼キャバにくる客層は

  • ホストの人
  • 飲食店従業員
  • 夜キャバの人
  • 夜勤の人全般
  • 高齢者

などが多いです。

夜働いている人が来店することが多いのはイメージ通りだと思います!

 

ここ数年で増えている客層は60代の高齢者のお客さんです。

高齢者の人は、朝が早いので需要と供給にあっているのか日の出くらいから来店することが多いです。

主婦・シンママさんが多い

働くキャストさんの雰囲気も、夜キャバとは違います。

朝キャバ・昼キャバの服装は夜キャバとは違ってラフなことが多いので、お店自体もカジュアルな雰囲気のお店が多いのです!

 

働いている女性も、お水一本という感じではなくマウントをとってくる女の子も夜キャバに比べると少ない。

  • 主婦
  • シングルマザー

が多く働いているイメージです。

夜の世界の人間関係が苦手な女の子は、朝昼キャバなら溶け込めると思います。

まいこ

朝キャバ・昼キャバでバイトするメリット

働く時間帯をメリットだと思う女の子は多いです!

夜はきちんと寝る・家のことをするということは、お水系でバイトしているとなかなかできません。

 

しかし、朝キャバなら昼前。昼キャバなら8時ごろにはお店が終わるのでアフターをしたとしても夜は自由に過ごすことができます。

人間関係がこじれずらい

夜キャバは、人間関係がめんどくさいことが多いです。

お店によってはノルマがあるので、それを達成しようと女の子達が必死なのもその原因の一つだと思います!

しかし、朝キャバや昼キャバはノルマがあるお店が少ないのでめんどくさい派閥とかはほとんどありません。

 

働いている女性は、キャバの仕事以外にも家庭があって忙しいので、いじめとかをしている暇がないんだと思います。

まいこ

サバサバしている女性が多いのも、朝キャバ・昼キャバ嬢の特徴です。

 

身内に仕事がバレずらい

働く時間帯が、サラリーマンさんOLさんと一緒なので周囲の人と同じ時間帯で動けます。

例えば昼キャバで、12時から17時まで働けばパートをしている時間帯と一緒なので、

彼氏さん・旦那さん・ご近所さんにバレずに働くことができます。

 

時給も他のバイトに比べると高いので、少ない時間で効率よく稼ぎたい人に人気です!

シフト自由・アフターなしのお店が多い

朝キャバ・昼キャバは、空いている時間を有効活用しようと思っているお店が多いです。

なので、夜キャバよりは売上に対してのプレッシャーは少ないことが多い!

 

求人にも、「シフト自由」「アフターなし」と書いてるお店がありますので夜キャバのように当欠や遅刻に対して即ペナルティーみたいなお店が少ないです。

朝キャバ・昼キャバでバイトするデメリット

紹介した通りメリットの多いバイトですが、人によってはデメリットだと感じることもあります。

朝キャバ・昼キャバにくるお客さんは、酔っ払いor偉そうな人のどちらかが圧倒的に多いです。

夜キャバの方がまだ普通のお客さんがたくさんきます!

 

いずれにしても、接客業なので嫌な人にも楽しくなってもらえるようにプロとしてサービスしなくてはいけないですが…、めんどくさいお客さんもかなり多いということを覚えておいてください。

人気なので採用基準が高め

夜キャバよりも、朝キャバ・昼キャバをやっているお店が少ないです。

つまり求人数も少ない!

でも、働きたい女の子は多い。

 

つまり採用基準が高めということです!

朝キャバ・昼キャバで働いている女の子は、ルックスが美人・可愛い人が多いので自信がある人でもタイミングで不採用になることがあります。

朝から飲むのは結構しんどい

キャバ嬢はお酒を飲まなくてもOKですが、飲んだ方が稼げます。

そして、朝からキャバクラにくるお客さんは明るい時間帯から飲むことに優越感を感じているので夜キャバよりもお酒を飲んで欲しいと言ってくる人もいます。

お酒が好きな女の子なら問題ないかもしれませんが、苦手な子で朝から飲むのは結構きついかもしれません。

 

朝キャバ・昼キャバは効率的に稼げるバイト

夜キャバに比べると、時給は低く設定されて、アフターや同伴が少ないので稼ぎずらいです。

 

でも、高齢者のお客さんで太客なら、無理ことを強要してこないのにお金を落としてくれるので夜キャバよりも稼げる可能性があります。

夜キャバに比べて稼げるチャンスは少ないということは事実ですが、昼の時間帯で2000円以上の高時給なので効率的に稼ぎたい女の子に人気です。

昼の時間帯を上手く使いたい人には、朝昼キャバは副業としてもおすすめです!

まいこ

家から出なくてもできる高収入バイトはこちらも併せて読んでください。

メールレディおすすめサイトランキング!本当に稼げるサイトはどこ?サイトの口コミや評判を徹底解説メールレディおすすめランキング!安全に稼げる大手サイト&アプリ徹底比較ネットキャバクラのお仕事とは?ネットキャバクラとは?キャバ嬢とネットキャバ嬢の違いや稼げる時給とメリット・デメリットの比較