ギャラ飲みとキャバクラおすすめはどっち?稼ぎやすさや安全性を比較!

ギャラ飲みとキャバクラおすすめはどっち?稼ぎやすさや安全性を比較!

パパ活と並んで女の子の中で人気の「ギャラ飲み」

高収入バイトといえば「キャバクラ」「ラウンジ」「ガールズバー」などのお水が主流でしたけど、女の子の稼ぎ方は、時代とともに変化し続けています。

2020年はコロナの影響で、どちらも今は下火状態ですけど…。

港区の六本木とか西麻布では、徐々に需要は戻ってきています。

ギャラ飲みとキャバクラ。それぞれのメリットやデメリットを比較してどんな女の子におすすめなのかを紹介します。

まいこ

どちらも高収入バイトですけど。

拘束時間とか、安全性は全然違うので気になる方は読んでみてください。

ギャラ飲みとキャバクラの違いは?

どちらもお酒を飲んで、男性とお話しすることが一般的です。

ただ、稼げるお給料のシステムとか、働く場所とか、安全性とか、働き方自体がそれぞれ違うので1つ1つ紹介します。

仕事内容の違い

ギャラ飲みの仕事内容

ギャラ飲みとは、主に女の子が(男性の場合もある)指定された場所でお酒を飲んだり・特技を披露してその場を楽しませるお仕事。

拘束された時間がお給料。

待機時間とかは、お給料が発生しないことが一般的です。

ギャラ飲みに参加する方法は、

  • SNS経由
  • スカウトマン経由
  • 専用サイト(アプリ)経由
  • 知人の紹介経由
  • 交際クラブ経由

など、様々ですけど普通は専用サイト経由で参加します。

ギャラ飲みとは?アプリで簡単に稼げるギャラ飲みのメリットとデメリットギャラ飲みとは?アプリで簡単に稼げるギャラ飲みのメリットとデメリット

キャバクラの仕事内容

キャバクラの仕事内容は、お店に来たお客様を楽しませること。

ほとんどのお店が時給制。

お客さんについていない時間もお給料が発生します。

キャバ嬢になる方法は、

  • お店に直接応募する
  • 求人サイト経由で応募する

どちらにしても、面接を受けて採用されます。

キャバクラでバイトの仕事内容は?キャバ嬢のメリット・デメリットキャバクラの仕事内容は?キャバ嬢のメリット・デメリット

稼げるお給料の違い

ギャラ飲みで稼げるお金

ギャラ飲みサイトを使った場合、稼げるお金は時給1万くらいです。

ギャラ飲みで有名な「pato」というサイト経由でギャラ飲みをした場合は。

patoの報酬
  • スタンダードクラス 4000円/h
  • VIPクラス      8000円/h
  • ロイヤルVIPクラス  20000円~/h
  • 指名料       2400円/h
  • 深夜手当      4000円/h

 

patoは、登録制のギャラ飲みアプリなので登録すると面接をしてクラス分けがされます。

交際クラブのランク分けとにていますので、こちらを参考にしてください。

まいこ

交際クラブ(デートクラブ)の面接で女の子が気をつけること!知らないと損するかも?!交際クラブ(デートクラブ)の面接で女の子が気をつけること!知らないと損するかも?!

ギャラ飲みは夜に呼ばれることが多いので、1回のギャラ飲みで2万円くらい稼げます。

ちなみにギャラ飲みは、当然ですけど参加しないと報酬は発生しません。

ただし、人気の女の子は1日に2件くらい呼ばれることがあるので、1日で10万円以上稼いでいる人も存在します…。

営業時間が存在しないバイトなので、稼げる人の収入はめっちゃ高いです。

\登録無料/

キャバクラで稼げるお金

キャバクラは時給制。

時給が5000円くらいだった場合は、8時から12時まで働いて2万円くらい稼げます。

待機中も時給は発生します。

さらに、場内指名や指名客の売上にもバックが入るシステムなので人気嬢になれば日給で10万円以上稼ぐこともそんな難しくはありません。

ギャラ飲みはパパ活に近くて、呼ばれないとお金になりません。キャバはお店に在籍しているので収入は安定していることが特徴です。

まいこ

稼げるお金は大差はない?

ギャラ飲みは、容姿がいい女の子ほど報酬が高いです。お店に頼らなくても男性から指名がくる女の子はめっちゃ稼げます。キャバクラはお店が時給をくれるので安定して稼げます。

安全性の違い

ギャラ飲みの安全性

ギャラ飲みを、ギャラ飲み専用アプリでした場合は、

  • 男性の身分証を登録している
  • クレジットカードの登録をしている

ので、危険なことは少ないです。

お金の支払いも直接男性からもらうのではなくてサイト経由なのでもらいそびれる心配もありません。

24時間365日サポート体制があるので、トラブルがあった際の対応もしてくれます。

ただし、キャバと違って運営の人はその場にいないので…、絶対に守ってくれるというわけではないことに注意してください。

キャバクラの安全性

キャバクラはお店の中にたくさんスタッフさんがいるのが普通。

なので、お客さんがお店のサービス外のこと。

例えば、過度なお触り・キスを迫るなどの行為が発覚すると女の子を助けてくれます。

それだけではなく、お酒が飲めない女の子にはノンアルを出してくれるのでキャバクラの安全性は高いです。

お店によっては帰りの送迎もしてくれるので、ストーカー被害などに合わないように配慮してくれます。

安全性はお水系の方が高い

女の子にもよりますけど、ギャラ飲みで潰れて持ち帰られるのはよく聞く話。そういう意味ではお水の仕事の方が勤務時間中は安全で安心です。

お酒を飲めないとダメ?

ギャラ飲みは強い方がいい

ギャラ飲みは、お酒の席を盛り上げるために使う男性が多いので。

飲めないよりは飲めた方が呼ばれる回数は増えます。

そして、お酒を飲んでも潰れると「持ち帰り」されてしまうことがあるので、自分がお酒をどのくらい飲めるのか把握しておくことが大切です。

キャバクラはどちらかというと飲めた方がいい

男性は飲める女の子が好きなので、飲めた方が人気嬢になりやすいです。

でも、ドリンクをノンアルコールにすることもできるし。

いつでもトイレに駆け込めるので…、お酒を飲めないとダメということはありません。

もし潰れてしまってもお店なので、帰ることも休むこともできます。

向いている女の子の違い

どちらも仕事内容は似ているので、できると思った方で働けば問題ないです。

でも、向き不向きがありますので紹介します。

ギャラ飲みに向いてる子は?

ギャラ飲みは友達と一緒にいくこともできますけど。

1人で行くこともあります。

そうすると、知らない人だらけの中でおじさんたちの話に入っていかないといけません。

人見知りの女の子、仕事と割り切れない女の子にはあんまり向いていません。

また、ある程度接客のスキルが必要なので、キャバとかクラブで働いたことがある女の子の方が稼ぎやすいです!

男性が言われて嬉しいこととか、ノリをどんな風に合わせれば場が和むのか考えられる女の子に向いています。

キャバクラに向いてる子

キャバクラは、先輩とかお店の人に接客の仕方を教えてもらえるので。

人見知りでもできる仕事です。

ただし、遅刻や当欠をするとペナルティーがあるので…。

シフトをしっかり守れる女の子がお店のスタッフさんにも信頼されるので、結果的に稼ぎやすくなります。

ギャラ飲みとキャバクラのメリット・デメリットを比較して考えよう!

ギャラ飲みもキャバクラもお客さんを楽しませることが大切な仕事。

時給はどちらも高いですけど。

ギャラ飲みは、報酬単価が高いけど。呼ばれないと全く稼げない。

キャバクラは、安定して稼げるけど。女の子同士の競争もめんどくさい。

など、メリット・デメリットがあります。

ギャラ飲みは、元キャバ嬢が結構稼いでいるので迷っているならキャバで接客を経験してからギャラ飲みをしてもいいかもしれません。

まいこ

どちらもおすすめのバイトですけど。

一緒にお酒を飲んだり話すのめんどいな…。

コロナが怖くて外に出たくない…。

そんな女の子は、在宅で稼げるガールズバイトがおすすめです。

在宅ワークで接触せずに稼ぎたいなら、こちらを読んでみてください!

メールレディおすすめサイトランキング!本当に稼げるサイトはどこ?サイトの口コミや評判を徹底解説メールレディおすすめランキング!安全に稼げる大手サイト&アプリ徹底比較スマホチャットレディおすすめサイトランキング!スマホチャットレディで稼げる!おすすめサイト&アプリランキングネットキャバクラのお仕事とは?ネットキャバクラとは?キャバ嬢とネットキャバ嬢の違いや稼げる時給とメリット・デメリットの比較

いろいろ試して自分にあった稼ぎ方を見つけてくださいね