借金で困っているなら債務整理してみるのもいいかもしれない

借金で困っているなら債務整理してみるのもいいかもしれない

風俗で働こう

キャバクラでダブルワークをしよう

ナイトワークを始めようと思っている女性の理由は、お金。

カードローンや、消費者金融でお金を借りて返済に追われている人が多いです。

2021年は、新型コロナの影響もあって借金をどうやって返済すればいいか悩んでいる人が少なくありません。

国からも支援があってお金を無利子で借り入れることもできますが、その金額にも上限があります。

新型コロナの影響でバイト代が0円!学費や生活費はどうすればいいの?新型コロナの影響でバイト代が0円!学費や生活費はどうすればいいの?
すでに借金があって返済に困っているなら債務整理する方法もあります。

エリカ

債務整理すると、これから借金することが難しくなるデメリットはありますけど。

今、借金で困っていて返すことができないなら使える制度。

債務整理について紹介します。

債務整理ってなに?

テレビCMやユーチューブ広告で債務整理の広告を見かけます。

債務整理とは、借金返済に困っている人のための制度のこと。

借金問題を解決に導くための合法的な救済制度のことをいいます。

借金をしていて、返済できているうちは必要がない制度ですが、返済が滞ってしまったり・職を失ってしまった時に使う人が多いです。

借金問題は相当なストレス。

お金で悩み続ける人のために救いの手を差し伸べるものなのです。

エリカ

債務整理には様々な種類があります。

  • 任意整理
  • 個人再生
  • 自己破産
  • 特定調停

借金返済できないと「自己破産」という言葉を使う人がいますけど、自己破産せずに返済していく方法も普通にあります。

任意整理

使っている人が一番多い債務整理の方法。

消費者金融などの債権者と裁判所を介さないで直接交渉して、双方の合意の下で無理のない返済方法を取り決めること。

将来利息をカットし、残った元金を3~5年で返済できるように交渉することが多いみたいです。

個人再生

裁判所を介して借金を減額して、原則3年間で返済する方法。

減額できる相場は、5分の1〜10分の1。

自己破産

借金の支払いが不可能。返済能力がないということを裁判所に認めてもらった上で、借金を返済しなくてもよいという決定をもらう方法。

返済はしなくてもよくなりますが、信用情報がなくなるのでリスクが高い方法です。

債務整理のデメリットは?

債務整理をするメリットは、

債務整理のメリット
  • 借金額を減らせる・返済義務が免除される
  • 督促や取り立てがなくなる

債務整理をすれば、精神的なストレスは軽減することができます。

ただし、そもそもあった借金を減額や免除するということなのでデメリットはあります。

債務整理をするとブラックリストに掲載されるので数年間は、いろんな制約をされます。

エリカ

ブラックリストに乗るとできないこと
  • クレジットカードが利用できなくなる
  • 新たな借入ができない
  • ローンが組目なくなる
  • 賃貸住宅の契約ができない

債務整理をすると「事故情報」として、信用情報機関に一定期間登録されるので信用契約ができなくなります。

債務整理を利用している人ってどのくらい?

借金を返済することができなくて債務整理している人は年間で200万人以上

一番使われているのは「任意整理」です。

借金の減額幅は、ほかの債務整理よりも少ないですがデメリットが少ないです。

任意整理は裁判所を介さずに直接借入先と交渉する方法なので、家族や会社に知られる危険性が低いので生活を大きく変えずに借金の負担を軽減できます。

  • ブラックリストに約5年間掲載される
  • 減額の範囲は、将来利息や遅延損害金のカットなので大幅な減額ではない

債務整理でどれを使うのかは、債権者との関係性・借金の金額によって変わるのでどれを使えば良いのかは弁護士さんや司法書士さんと話し合って決めましょう。

借金で悩んでいるならまずは専門家に相談しよう

借金問題は、いろんな法律があったり。

どのくらいの利息があって、どうすれば返済していけるのか素人だと考えることが難しいです。

コロナの影響で債務整理をしている人も増えています。

無料で相談に乗ってくれる専門業者さんもあるので、困っているなら1人で悩まずに相談をしてみましょう。

エリカ