電話占いで後悔や嫌な思いをしないための5つの心得!

電話占いで後悔や嫌な思いをしないための5つの心得!

街で「占いの館」などの看板を目にすると、恋愛や仕事のことを占ってもらえたらなーと思うことがあります。

本当に当たるのかな?

入るのはちょっと勇気がいる…。

ためらってしまう人も多いですよね。

当たる!電話占い おすすめサイトランキング! 無料で使える特典は? 口コミ・評判は?当たる電話占いおすすめサイトランキング!無料で使える特典や口コミを紹介

そんな対面の占いに抵抗のある人でも気軽に占ってもらうことができる「電話占い」が最近人気を集めています。

電話占いは、対面の占いよりもコスパがいいところがメリットです。

ひとみ

しかし誰でも簡単に相談できる一方で、期待外れだったと残念な思いをする人も多いようです。

今回は電話占いをするうえで後悔や嫌な思いをしないために覚えておきたい心得を5つ紹介します。

電話占いをやってみたいけど不安な人や、まさにこれからやる予定だという人は、事前にこれを読んでおけば安心して占いを受けることができますよ!

電話占いは嫌な思いをすることが多いの?

直接顔を合わせることなくできる電話占いですが、嫌な思いをしてしまう場合もあります。

電話占いで嫌なこと
  • 占いの内容が全然当たっていなかった
  • 占い師の態度が悪くて嫌な気分になった
  • こちらの話を理解しようとしてくれなかった
  • 占い師に失礼なことを言われた

せっかくお金を払ってお願いしたのに残念な結果だったというケースもあります。

電話で気軽に占ってもらえるというメリットがある一方で、当たりはずれも大きいのが占いです。

お金を支払って占ってもらったのに結果が当たっていなかったり、占い師の態度が悪かったり…、なんてことがあるとショックも大きいのでそのようなことは避けたいですね!

ひとみ

電話占いする前に確認すべし!後悔や嫌な思いをしないための5つの心得

せっかくお金を払って占ってもらうのですから後悔や嫌な思いはしたくないですよね。

電話占いを満足のいくものにするために大切な5つの心得を紹介します。

電話占いをやってみたいと考えている人はその前にぜひこちらを参考にしてみてください。

占い師も人間・先生に敬意を払った対応をしよう

基本的に占い師は、

相手を自分の力で助けてあげたい。

依頼者さんの力になりたい。

そうゆう強い思いを持って話を聞いてくれたり鑑定しています。

ですが、こちらが適当な気持ちで接したり横柄な態度を取ったりしていては、占い師側も親身になって話を聞こうという姿勢が薄れてしまいます。

相手から感謝をされることがやりがいとなっている占い師の方も多いので、感謝の気持ちと相談に乗っていただくのだという敬意をもって鑑定を受けるようにしましょう。

こちらがお客ですが、礼儀はとても大切です。

ひとみ

自分の意見はしっかり伝えよう

相手は占い師だから言われたことに合わせなければいけないと思ってしまう人もいるでしょう。

ですがそれが「占いが当たらなかった」「理解してもらえなかった」という不満につながってしまいます。

占い師が親身になって話してくれていると、それを遮ってはいけないという気持ちにもなってしまうものです。

しかしその配慮は占いを受けるときには不要。

自分が思っていることは遠慮することなく納得するまで占い師に伝えることで、より満足のいく的確なアドバイスをもらうことができます。

言いたいことを言えずに終わったということのないようにしましょう

相談内容は自前にまとめておく

電話占いは1分単位で料金が加算されるシステムとなっていることがほとんどです。

また、相談の内容がうまく伝えられなければ意図を汲み取ってもらうことができず思っていた鑑定結果と違う!という事態も出てきてしまいかねません。

そのため相談内容を事前に簡潔にまとめておいたほうが良いでしょう。

  • 主な相談の内容と現在の状況
  • 知りたいことや将来の願望
  • 相談に関係する人物の名前や生年月日など(占ってもらう際に必要になります)

上記をあらかじめ紙に書いておくとスムーズに電話占いを進めることができますよ。

なんでも『ウンウン』と占い師に合わせて聞く必要はない

占い師は話が上手な人が多いので、「確かにそうかも。」となんでも飲み込んで聞いてしまうかもしれません。

占い師の話にすべて相槌を打って肯定してしまうとどんどん話が進んでしまい気づけばそのまま終了。なんてことになってしまう可能性があります。

もちろん占い師の言っていることが本当に合っているならそれでいいのですが、少しでも話が違うと思ったり疑問に思ったりしたことがあれば、たとえ話の途中だとしても遮って積極的に自分の意思を伝えるようにしましょう。

お金を払って相談しているわけなので会話の主導権はこちらが握って大丈夫です。

何か違うなと思ったらその直感は大切に!

たとえば興味のないセールスの電話に出たとき、相手が喋り続けているのに電話を切るのはなんとなく抵抗があり結局ずっと聞き続けてしまった。

という経験のある人はいませんか?

上の項目でも述べたように電話占いは1分毎に料金が発生します。

「思っていたのと違う」「話がうまく合わない」などと思ったとき、占い師を気遣っているとその間にどんどん料金は加算され、占いの内容も納得いかず…ともったいない時間を過ごしてしまいます。

違うと思ったらすぐにやめる!という気持ちをもって電話占いを始めるようにしましょう。

電話を切るときには文句を言うのではなく「時間がなくなったので」など差し障りのない言葉を使えば互いに嫌な思いを残さずスムーズに切ることができますよ。

電話占いは便利!だからこそ後悔しないように使おう

誰でも気軽に相談・鑑定をしてもらうことができて大変便利な電話占い。

せっかく受けるなら嫌な思いをすることなくスッキリとした気持ちで終わりたいものです。

そのためにも事前に相談内容をしっかりとメモすること。

そして会話の主導権はあくまで自分で、違和感を感じたら迷わず電話を切るということを覚えておきましょう!

素敵な占い師とあたって悩んでいることが良い方向に進むことを願っています。

ひとみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。