コロナでも家でできるバイトは?

コロナでお金に困らないために女子大生は何をするべき?!

コロナでお金に困らないために女子大生は何をするべき?!

新型コロナで、重症化したり。

亡くなってしまうのは60代以上の人が多いですが。

20代でも普通に重症化してしまう人もいるみたいです!

20代で平気だと思っていても、コロナに感染して入院するといろんな人に迷惑をかけてしまいます…。迷惑をかけないためにも若くても外出は自粛しましょう。

さちこ

無症状で自分が感染源になってしまうこともあります!出来るだけ家にいましょう。

外出しないでずっと家に籠っているのは結構しんどいですが、大切な人を守るために今は我慢が必要です!

でも、1週間家にいるのだけでもやることがなくて、廃人状態なのに。

学校は小中高大すべて休校…。

学校によってはオンライン学習を5月から開始するところがあるようですが、大学1年生で入学して間もない人はどうすればいいのか困ってしまうし。

夢のキャンパスライフだったのに、周りに知っている人もいないし気持ちが下がってしまいます…。

バイトも行けないし、親からの仕送りも期待できない人はお金の心配が大きいですよね!

外出自粛で一番困るのは生活費。

アフターコロナで大学生活がどうなってしまうのか、スタイホームでも女子大生が稼げるバイトなどを紹介します!

コロナの影響で大学を辞める人が20%?!

大学はお金がかなりかかります。

コロナの影響で日本の経済が崩壊しているので、子供の学費を出す親もお金がありません!

大学生が使えるコロナ支援はこちらにまとめてるので、読んでください。

さちこ

新型コロナの影響でバイト代が0円!学費や生活費はどうすればいいの?新型コロナの影響でバイト代が0円!学費や生活費はどうすればいいの?

お金がないから大学生活を諦める人がすごく増えている現状。

自主退学を考えている人が20%…。

新型コロナウイルスに関する学生団体の調査によると、大学生など、およそ1,200人のうち7割ほどが、「アルバイトの収入が減った・なくなった」と回答し、20.3%が家計が苦しいことなどを理由に、自主退学を検討していることがわかった。

出典:家計の苦しさなど理由に2割が退学検討(FNN)

学費と生活費を、奨学金とバイトで賄っているんだけど…コロナでバイトの収入がなくなった…。

そんな学生さんがたくさん。

大学の学費はコロナの影響で収入が減っている学生に、減免とか延納をしてくれるのでなんとかなる人もいると思いますが。

家賃や光熱費はそうはいきませんよね…。

国も家賃が払えない人に「住居確保給付金」などを申請できるように対策してくれていますが。

コロナで困っているのは学生さんだけではないので、窓口が混みすぎていてなかなか対応してくれません!

さちこ

ここまでコロナの影響を受けると思っていた人はほとんどいないので、準備できなくてみんな困っています。

アフターコロナで一番影響を受けるのは大学生かも?

コロナで仕事がなくなってしまった人になんの責任もありません。

コロナはもはや自然災害。

しかもコロナで困っている人が日本の国民のほとんど。

本当に困っている人でも、支援を受けるまでの時間がすごくかかります!

守られるべき立場の大学生でも支援を受けることができない人たくさん出てきています。

さちこ

コロナ前とコロナ後で、社会の動きが変わると言われているので。

今までの常識が非常識になっていくことが普通になっていきます。

例えば、コロナ後。

会社の倒産ラッシュが続いて新入社員を採用する会社が減る。飲食店・学習塾などはロボット化・オンライン化が当たり前になる…。

大学生のバイト先も、就職先も、アフターコロナは無くなってしまう可能性が十分ありえるのです!

今お金に困っているなら、できることを今するしかない

コロナ中。アフターコロナでお金が無くなった人が増えることは目に見えた事実です。

コロナの影響で倒産する会社が増えると、大人も働く場所がなくなって、お金を稼げなくなるからです!

大学生にはなんの責任もないことなので、

世の中がどうにかしてくれるでしょ?

と思っている人が多いと思いますが。

多分どうにもなりません!

普通の生活に戻ることができるのは、ワクチンができたり集団免疫がついた3年後と言われています。

それまでの生活は個人が、自分でどうにかするしかないのです!

今何もしないとどうなるの?

世の中の経済がストップしているので、

みんな何もやっていないから私も何もしないでいっかー。

とお金を稼ぐことを一切しないと、大学生でも生活保護制度を頼るしかなくなります。

ですが、生活保護の受給者になると、

生活保護受給者はクレジットカードを作れないし、資産を残すことができなくなります。

さちこ

  • ブランド品

を購入することもできなくなります。

都道府県によって受給額がかわりますが、東京都だと133,860円。

好きなところに住むこともできなくなるし、社会復帰できなくなってしまいます!

大学も退学しなくてはダメになるかもしれません。

コロナでステイホームしている間にできるバイトを始めよう

コロナでいろんなことができなくなって、

腐ってしまうのか。

できることを探して始めるのか。

自分の選択で今後の生活は変わっていきます!

コロナの被害者は全国民。

自分だけ被害者ではないので、誰も助けてくれる余裕がないんです…。

家でできるバイトをして少しでもお金を稼いでおくことが大切!

さちこ

女子大生なら家でも稼げるバイトたくさんあります。

アフターコロナは間違いなく家でできるバイトが流行る

コロナで世の中の常識が変わります。

今まで外に出てバイトするのが普通でしたが、家でバイトするのが普通の時代になるはずです!

アルバイトをしていた、飲食店やナイトワークは半分くらい潰れてしまうでしょう…。

コロナが収束してお金がなくて困らないように今のうちから家でバイトをして、稼いでおいた方がいいです。

さちこ

女子大生が家でできるバイトはこちらにまとめてあるのでぜひ読んでください!

みんなでコロナを乗り越えていきましょう。

人に頼ってばかりだと、どうにもならない時代がやってきます…。